クレジットカード現金化業者の注意

クレジットカード現金化業者の注意

クレジットカード現金化業者の中には気をつけないといけないものもあります。
まずは換金率です。

ホームページなどで明記されている換金率よりも低い金額しか渡さない業者もいるからです。

ホームページで換金率90%と書かれていても、実際には例えば手数料とか審査料などという名目をつけてより低い換金率にしてしまう業者です。



換金率はクレジットカード決済も済ませて最後にならないと分からないなどと言葉巧みに誘導してどんどんと話を勝手に進めてしまい、最後の最後になって例えば60%の換金率になるなどと言い、相場よりも低いからと利用者がキャンセルしようとすると、もう決済もしてしまっているのだからキャンセル料がかかるなどというように、脅しにも近いような方法で強引に話を進める業者もいたりします。


このようにクレジットカード利用金額に対する換金率は最も重要ですし、また気になるところでもあります。
この他にはクレジットカード情報や本人確認書類から得られた情報を悪用する業者にも気をつけないといけません。



本人確認書類は必要ですからある程度は仕方ないのですが、必要以上に個人情報を明かさないようにすることにも気をつけたほうがよいでしょう。

また極端な話しですが、決済だけさせてしまって実際には現金が振り込まれないなどというケースも中にはあるようです。
このような業者は明確な悪徳業者ですから、少し調べるだけでも分かるはずです。



ネットの口コミなどを調べるようにしましょう。

Copyright (C) 2017 クレジットカード現金化業者の注意 All Rights Reserved.