クレジットカードとローン

クレジットカードとローン

お金を借りる必要があってローンを申込もうとしたら、審査には通らなかったけれども別の方法があると言われてクレジットカードの現金化を勧められたというような話をよく聞きます。
これはクレジットカード現金化業者の一つの手口になっており、いろいろな要素が絡んでいます。



一つには、お金を人に貸すということはリスクを伴います。

当然ながら貸したお金が返ってこないリスクです。



業者としてはこのリスクが無くなるのであればこんなに嬉しい話はありません。

また、実際問題として消費者金融などのカードローンの審査には通らないような人であってもクレジットカードを作るための審査にならば通ってしまうことがあるという両者の温度差も関係しています。端的な例で言えば、カードローンは申込者本人に収入が無ければ審査に通りませんし、本人の年収の三分の一までしか貸せないという総量規制もあります。

一方でクレジットカードの場合は実際に専業主婦でも持って百貨店などで買い物をしている人が多いことからも分かるように、必ずしも本人に収入があることは必須ではありませんし、ショッピング枠が年収の三分の一までに制限されているわけでもありません。



現金化業者にしてみれば、カード決済を利用できれば、その分のお金はお金を貸した人から取り立てる必要はなく、カード会社が支払ってくれますからリスクゼロです。

業者自身ではなくて、カード会社が代わりにそのリスクを背負うことになるわけです。

Copyright (C) 2017 クレジットカードとローン All Rights Reserved.