クレジットカードの不正利用

クレジットカードの不正利用

クレジットカードは今ではカードそのものが手元になくても利用できてしまいます。

ネットショッピングなどがそうです。



もっと言えば、普通のショッピングだけではなく、ショッピングで買ったものをその場で転売して現金化するようなこともネット上でできてしまい、クレジットカードの現物が手元になくても、カード券面の情報さえあればこのようなことができてしまうのです。



ですから、クレジットカードの扱いには昔以上に気をつけなければなりません。
現物がなくても情報さえあれば使えるということを肝に銘じておく必要があります。

カードの取り扱いに気をつけるということのほかに、月々の利用明細をしっかりと確認しているでしょうか。これも大事なことの一つです。


非常に多くカードを使う人で、1件1件カード利用控えとの突合せなどしていられないという人もいるかもしれませんし、それこそネットショッピングなどではカード利用控えなど発行されなかったりもします。



それでも、最低限カード利用明細にはきちんと目を通し、自分が使った覚えのないものがないかどうかを確認する習慣をつけておくことは重要です。


あまり信じたくないことかもしれませんが、このような手口での不正利用は、実は家族によるものが多いと言われています。
夫名義のクレジットカードを妻が不正利用するといったもので、確かに一緒に暮らしている以上、動機はともかく機会はいくらでもあるわけですから多いというのも頷けます。

Copyright (C) 2017 クレジットカードの不正利用 All Rights Reserved.