クレジットカードと金利

クレジットカードと金利

クレジットカードを使って買い物をすると、金利がかかる場合があります。
1回払いや2回払いでは金利はかからないことが多いですが、それ以上の分割払いをしたり、あるいはリボ払いを選択したりするとその時点の残高に応じて金利がかかってきます。
クレジットカードを使っているような人はあまりこの金利を意識したことがないかもしれませんが、この金利は実はかなり高く、消費者金融などでお金を借りるようなケースに匹敵する金利がクレジットカードの場合でもかかってくるのです。



具体的には、年利15%程度であることが多いです。



15%というとたいしたことがないように思われるかもしれませんが、現在の銀行の普通預金金利、というか別に普通預金ではなくて定期預金金利でも今はほとんど同じことですが、このような預金金利を考えてみてください。

今では定期預金でも年利0.1%に達しない商品が多いです。

普通預金ならば0.01%に達しないものもいくらでもあるでしょう。

このような低金利時代にあって、分割払いやリボ払いの金利ははっきり言えば暴利とも呼ぶべきものになっています。

このような金利は上限が法律によって決められていますが、どんなカード会社も、あるいは消費者金融であっても同じことですが、とにかくお金を貸すほうはほぼ法律で決められた上限金利に張りついたような金利を設定しており、世の中が地を這うような低金利時代であることなどどこ吹く風といった顔つきで商売をしているのです。



Copyright (C) 2017 クレジットカードと金利 All Rights Reserved.