クレジットカードの不正利用防止

クレジットカードの不正利用防止

今ではクレジットカードはカードそのものを持っていなくても、カードに書かれた番号などの情報さえあれば利用できるシーンが増えてきています。
インターネットでネットショッピングをしたことのある人であれば経験があるでしょう。

そういうサイトでは、クレジットカード番号や名前、有効期限などを入力するだけで買い物ができてしまいます。



これは逆に考えれば誰か他人のクレジットカードについて、カードそのものがなくても、単にカードの番号などの情報があれば使えてしまうということでもあるのです。

確かにカード番号その他の情報は分量としては結構多く、ぱっと一目見ただけで覚えきれるような人はまずいないでしょうが、例えばコピー機でコピーされてしまったと考えればどうでしょうか。悪意のある人がカードを一時的に盗み出し、コピーを取ってまた元に戻しておくだけです。



コピー機が手元にあれば1分とかからないでしょうし、別にコピー機がなくても紙と鉛筆でメモされてしまえば同じことです。
つまり、悪意のある人が自分の周りにいる場合、ほんの一瞬でもカードから目を離すだけでこんな被害に会いかねないということになるのです。



現実問題として、いくら注意を払っていても、四六時中カードから一瞬でも目を離すなというのはなかなか厳しいかもしれませんが、少なくとも不特定多数の人が集まっているようなところでは肌身離さないようにすること、セーフティボックスを利用するなどの注意が必要でしょう。

Copyright (C) 2017 クレジットカードの不正利用防止 All Rights Reserved.